下肢静脈瘤って何?足の血管が浮き出る病気について

浮き出た血管の対処法

下肢静脈瘤とはなにか

足の血管が浮き出る下肢静脈瘤

いつの間にか足の後ろ側などに血管が浮かび上がっていて、ビックリしたという人は少なくないのではないでしょうか。ひどい人になると、足が腫れあがってしまうこともあります。これは下肢静脈瘤といって、誰にでも発症する可能性はあります。しかし、出産を経過した女性や年配の方はより発症しやすく、血管が網のように見えて悩んでいる人も多いです。

下肢静脈瘤が出来る原因

下肢静脈瘤が出来る原因として、足の中を通る静脈の弁が壊れてしまうということが挙げられます。弁が壊れることにより血液の流れが停滞を起こし、結果として血管が浮き出てしまいます。すぐに生活に影響を与えるものではないため放置してしまう人も多いですが、長期間そのままにするとコブなどになってしまう可能もあるので、早めに医者に相談して治療をしましょう。

どんな症状があるのか

下肢静脈瘤は、症状がでると痛みが出る場合があります。また、血液の流れが悪くなるため、こむら返りなどを起こしやすくなるのです。その他にむくみや痒みの皮膚のトラブルを併発する可能性もありますので、発見した場合は早期治療を試みましょう。

下肢静脈瘤に関するQ&A

浮き出てしまった下肢静脈瘤は自然治癒できますか?

まれに血管自体がつまり、消滅してしまうことはありますが、ほとんどの場合は薄くなることはあっても完全に自然治癒することはありません。徐々に悪化してしまうといった事態を防ぐためにも、医療機関へ早めに相談しましょう。

下肢静脈瘤を放置すると命の危険がありますか?

命にかかわるような直接的な原因になることは少ないですが、血液の流れが悪くなると結果として様々な疾病に間接的につながってしまいますので、そういった観点から注意が必要であります。

クスリなどで治すことが出来ますか?

痛みなどがひどい場合は内服薬などを処方することもありますが、根本的な治療にはなりません。

遺伝するものですか?

遺伝するということではないですが、出来やすい体質の方もいらっしゃいますので、身内に下肢静脈瘤になっている方がいる場合は注意が必要です。

未然に防ぐことは出来ますか?

決定的な予防策は見つかっていません。一般的には長時間同じ姿勢になることをなるべく避け、足をよく動かすことが大事です。しかし、健康に気をつけている人でも体質や年齢によっては下肢静脈瘤が出てしまいます。

広告募集中